施設紹介

試験機器紹介

CBR 試験機

CBR 試験機
  • ・載荷装置 10tf(98kN)、1tf(9.8kN)
  • ・ジャッキアップ、貫入自動記録、ジャッキダウンの一連の作業を自動化。

電動コーン貫入装置

電動コーン貫入装置
  • ・載荷装置 1tf(9.8kN)qc
      測定可能値 12000kN/u
  • ・貫入速度 10mm/sec
    データロガー、ロードセルによりqc自動計測可能。

全自動圧密試験機

全自動圧密試験機
  • ・空圧サーボと自動制御による段階載荷圧密試験機。
  • ・最大圧力2510kN/uを12連、最大圧力5020kN/uを3連備え、すべてが独立自動制御。
  • ・圧力計・装置・ロードセル・デジタルダイヤゲージは国家標準器とトレーサブルな状態を維持しています。

三軸圧縮試験機

三軸圧縮試験機
  • ・自動制御型、K0(ケーゼロ)試験可φ5p4セル、4連独立試験
  • ・自動計測型 φ5p8セル、φ7.5p3セル、φ10p3セル
  • ・6連同時圧密、4連同時セン断
  • ・砂・粘性土から軟岩までの広範囲な試験可能。

油圧サーボ式一軸圧縮試験機

油圧サーボ式一軸圧縮試験機
  • ・湿式コアカッターと平面研磨機により、平滑・直角・平行な端面の供試体を作製することで、高精度・高品質の試験が可能。
  • ・くりぬき型載荷枠によって十分な剛性をもつ圧縮試験機に、超低速な軸ヒズミ制御による試験が可能。

中容量一軸LDT

中容量一軸LDT

    ヒズミ量測定を用いた圧縮試験

  • ・岩質・土質に応じて、ダイヤルゲージ、LDT、ヒズミゲージを使い分けた高精度のヒズミ測定ができます。
  • ・計測はアナログ8ch・デジタル6chの高性能(かつ多機能な)マルチロガーを用い、マイクロ秒単位でも計測可能。

平板載荷試験

平板載荷試験
  • ・小型ロガーによる計測記録(バッテリーで駆動)
  • ・PCでリアルモニタリング
  • ・素早いデータ整理が可能
  •  データロガー、ロードセル、電子変位計すべてにトーサビリティを確保しています。

キャスポル(反力不要 )

キャスポル(反力不要)

    簡易支持力測定装置

  • ・衝撃加速度(Ia値)を測定 換算値:CBR,K30,C,φ,qc
  • ・国土交通省NETIS登録 KK-9800555-A
     その場でプリンターから所定のシートに印字出力。

↑ページの先頭へ